食材生産者の紹介

南国フルーツ園(株式会社 開成) 須貝 卓也さん

投稿日:

南国フルーツ×バイオマス資源=環境保全型農業

 株式会社開成は1999年6月に設立し、瀬波南国フルーツ園は2009年から創業しています。

 現在では食品残さが問題としてメディアでも取り上げられている状況ですが、村上市における食品残渣を少しでも改善し農業で新しいことに挑戦したいと考え、バイオマス発電施設を導入しパッションフルーツなどの温室栽培に取組み、瀬波南国フルーツ園を始めました。寒い村上市で温暖な気候で育つ南国フルーツを栽培するというギャップと、これまで馴染みのないパッションフルーツの栽培という新しさが強みと考えおり、主な品目はパッションフルーツの栽培で、店頭ではジェラートの販売も行っており特に暑い時期はお客様に喜ばれています。

 パッションフルーツなどの栽培にとって重要になるバイオマスプラントの運営については、ありがたいことに近隣の旅館や小・中学校、スーパーなどから発生する食品残さ(食べ残し、厨芥くず、販売ロス等)の資源分別にご協力をいただき、バイオマス発電の原料として日々回収しております。
 プラントでは発酵処理を行っており、発酵後に残る消化液を使って弊社農地における農産物生産(岩船米、南国果樹)に役立てており、循環型農業で環境保全にも取り組んでいます。
 当社で生産するパッションフルーツやジェラートの認知度はまだ低いと思いますが、市内外の実儒者にPRしながら6次産業化を実施することで所得向上、雇用拡大などに寄与していけるよう尽力していきたいです。ぜひ、おいしいジェラートを食べにおいでください。




-食材生産者の紹介

Copyright© MURAKAMI FOOD PRIDE , 2020 All Rights Reserved.