食に関するエッセイ

村上は「食良し・気候良し・人良し」のところ

投稿日:

村上市高根集落は、村上市の中でも標高が比較的高く、気候も涼しくてきれいな水が流れており、村上市の中でも特においしい米が生産されるところだと感じております。更には村上市は多くの食材が生産されておりますので、私はそんな村上市の魅力にひかれて、この4月から地域おこし協力隊として活動しています。(平成30年時点)

私が高根集落で任された仕事は林間ワサビの生産と加工・流通です。林間ワサビは一般的な沢ワサビと違って、涼しくて陽が当たらない林地で生産されるワサビで、収穫期は春と秋の2回、葉・茎・花が食べられます。収穫した林間ワサビはそのまま食べることができ、やさしい辛さが特徴ですが、80℃のお湯で15秒間湯通しした後に刻んで食べると、とても辛くなります。私は林間ワサビを醤油漬けにしてごはんと一緒に食べるのがとても好きですが、海苔巻きの具にして食べるのもおいしいのではないかと思います。

ワサビの葉自体は地元の農産物直売所では比較的安価で手に入る食材ではありますが、付加価値をつけるために瓶詰め加工するなど、商品開発にも今後は取り組んでいきたいと考えております。また、村上市で生産されるお米や村上牛などのコラボレーションも考えています。
 村上市に住み始めてまだ日は浅いですが、食も良し気候も良し、更には人も良しの地域ではないかと思います。このような素晴らしい地域を更に盛り上げていくために、これからも林間ワサビの生産や加工・流通を起点にして、食の魅力をPRしていきたいと考えています。

村上市地域おこし協力隊
高橋 洋さん


-食に関するエッセイ

Copyright© MURAKAMI FOOD PRIDE , 2019 All Rights Reserved.